記事一覧

細胞に働きかける美容法とは?

ここまで、世間一般に広まっている様々な美容法を紹介してきました。しかし、今まで紹介してきた全ての美容法では、肌の老化の根本原因を解決することはできません。なぜなら、これまでの肌のアンチエイジング法は、不足した成分を補充したり、これ以上老化が進まないように保護するという対症療法だったからです。肌老化の原因は、加齢、ホルモン分泌低下、紫外線、喫煙、化学物質、大気汚染などですが、いずれの場合にも細胞の元気がなくなって、活性が悪くなることによって、肌老化が日立つようになるのです。これが肌老化の根本原因で、加齢、ホルモン分泌低下、紫外線、喫煙、化学物質、大気汚染などのストレスを受けた細胞から発生する「活性酸素」が、細胞の元気を奪っているのです。

活性酸素は細胞がエネルギーをつくり出すときにも細胞内に発生しており、これを打ち消して活性酸素を除去する酵素SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という「抗酸化酵素」も同時に生成することで、活性酸素は無害化されています。しかしSODの生産量は年齢とともに減少します。SODは35歳くらいから急激に減少し、それを境に活性酸素による老化現象が徐々に現れ始めます。活性酸素の大量発生に対してSOD生成が不足し始めると、除去しきれない活性酸素が細胞自体を傷つけるようになり、細胞の活性をさらに悪くします。これによってSODの生成能力がさらに低下するという悪循環に陥ります。

この悪循環によって、肌老化が進むのです。ですから、肌老化の根本原因を克服するには、肌細胞の活性を低下させないように、細胞を守るか、細胞を修復するか、さらには細胞の産生を高めるかという、細胞に働きかけるアンチエイジング法が必要なのです。実は私が注目している美肌成分があります。それが表皮のターンオーバーを改善する「成長(増殖)因子EGF」と、コラーゲンの生成を増やす「成長(増殖)因子FGF」、そして最も私が浸透させたい美肌成分が新しい細胞を生む「幹細胞培養液」です。