記事一覧

間違ったスキンケアが肌を老化させてしまう

優れた美肌を再生する効果を持つヒト幹細胞コスメですが、使い方を間違ってしまったら、うまく細胞を活性化して、美肌をつくることができません。化粧水を肌につけるとき、パンパンと肌を叩いたり、強くこすったりしていないでしょうか。コットンに化粧水をしみこませて軽くトントンとパッティングするのであれば大丈夫なのですが、コットンを使う手間を省いて、自分の手の平に化粧水を含ませて、パンパンと音を立ててパッティングする姿をスポーツクラブやエステサロンのパウダールームでよく見かけます。

こうすると顔が赤くなって血色がよくなるから、と勘違いしている人も多いようですが、頬を強くたたくと、毛細血管が切れて内出血を起こしたり、炎症を起こしてしまい、それが傷あとのようにシミになってしまうこともあります。「目の下にシミが目立ってきたので、肝斑かもしれません」と美容皮膚科を受診する人の中には、スキンケアのときに肌をこすり過ぎたり、強い圧をかけすぎてしまうことで肌ダメージを起こしている場合があります。特に頬骨の出っ張り部分の肌や目のまわりの薄い肌は、刺激に弱いため、強すぎるスキンケアによってできたあざがシミやそばかすのように目立ってくる場所です。

化粧水は必ずコットンに含ませて、コットンを肌の上にやさしく乗せて、手の平で抑えるようにしながら、肌全体をシップするように保湿する。美容液タイプのものは、顔を両手で覆うようにして手の平でやさしくゆっくりとおさえる「ハンドプレス」という方法でケアするとよいでしょう。使っている化粧品メーカーが推奨している方法を取り入れるようにしましょう。一生懸命に美肌を育てようという気持ちでついカが入りがちになり、ゴシゴシこすったり、パンパン叩いたり、ググッと押したりしがちですが、肌は強い刺激が大の苦手です。肌は意外と繊細だということを覚えておいてください。