記事一覧

最先端美容にスキンケア革命を起した「ヒト幹細胞コスメ」

ヒトの幹細胞培養液を配合したヒト幹細胞コスメの登場によって、「失ったものを補うスキンケア」、つまり対症療法的だった従来のスキンケアから、「細胞そのものを活性化させるスキンケア」つまり根本治療へと進化した、いわばスキンケアの革命を起こしたのです。今までのスキンケアは、乾燥で失われた水分を補うために化粧水をつけたり、肌がこれ以上乾燥しないように防御するために乳液やクリームを塗ったりするものがほとんどでした。さらに肌老化の原因になつている、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどのタンパク質の不足を補うために、肌からの浸透性に優れた低分子のコラーゲンなどが開発されてきました。

どんなに努力しても、これまでのスキンケアは、失ったものを補う対症療法でしかなかったのです。しかしヒト幹細胞コスメの登場で、肌に塗るだけで肌から浸透していった成分が、肌の表皮や真皮にいる幹細胞に働きかけて、幹細胞に「美肌成分をつくり出そう」とサインを送り、細胞を活性化することで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの産生を高めて、細胞の老化を遅らせて、肌老化を修復し、肌の組織から若々しい状態に再生するのです。細胞の老化による幹細胞の働きの低下を根本から解決するために、幹細胞に働きかけて活性化し、若々しい肌に再生し、さらに酸化や糖化などの肌老化の原因にも負けない強い防御力を持つ細胞になれるのです。

ヒト幹細胞培養液を用いた美容効果についてのアンケート調査では、「しっとりした」「リフトアップした」「落ち着いた」「柔らかくなった」「引き締まった」「肌が滑らかになった」「シワや小じわが目立たなくなった」など、肌のコンディションが良くなり、使用したほぼ全員が「満足した」と答えていることもわかりました。このようなヒト幹細胞培養液を肌に塗っただけで高い満足感と美容効果を得られるのは、ヒト幹細胞培養液に含まれる500種類以上のタンパク質や、200種類以上の成長因子などのサイトカイン、つまり細胞に信号を送って、ある指令を出して細胞を働かせる物質が含まれているのです。

肌に塗ったヒト幹細胞培養液から発せられる信号を、肌のさまざまな細胞が読み取って、活発に肌の再生に取りかかるからではないかと考えられます。このように美容の世界も、細胞レベルでアンチエイジングに取り組む方法が開発されるところまで進化しました。その一翼として注目されているのが、ヒト幹細胞培養液で、肌の表面で減ってしまった油分や水分を補う今までの方法ではなく、肌を構成する細胞一つ一つに働きかけて、新しい肌を生み出す細胞を増やし、能力を高めようというまったく新しい方向性のアンチエイジングのアプローチが、化学、生物学、医学などアカデミックな研究成果を裏づけにして誕生したのです。