記事一覧

今、注目の幹細胞コスメとは?

幹細胞培養液を配合した化粧品は、原料となる幹細胞を何から抽出しているかで3つに分類できます。それが「ヒト由来」と「動物由来」、「植物由来」の3種類で、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

ヒト由来の幹細胞化粧品
人間の幹細胞を培養したときに分泌する生理活性成分であるペプチド成分を精製したもので、細胞を活性しますが、幹細胞自体は含まれていません。ヒトのどの幹細胞から抽出したかによって、ヒトの脂肪組織にある幹細胞から抽出した「ヒト脂肪細胞由来」と、ヒトの線維芽細胞から抽出した「ヒト線維芽細胞由来」のものがあります。ヒト由来なので拒否反応が起きにくいと言われていますし、アトピー肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。幹細胞化粧品の中でも、最も高い効果が期待されるのが、ヒト脂肪由来の幹細胞コスメだと言われます。

動物由来の幹細胞化粧品
いろいろな動物から抽出した幹細胞を使ってつくられた化粧品もあります。おもな原料としては、ヒトの皮膚の幹細胞に近いと言われている、幼い羊の毛根の幹細胞を使ったものや、羊のプラセンタから抽出した幹細胞などを使ったスキンケア製品が開発されています。動物の細胞からつくられるということもあって、衛生的な環境で育てられたものかどうか、加工の方法が適切かなど、原料の安全性をチェックする必要があります。次に説明する植物由来のものよりは、動物由来の方が人間の幹細胞に近いとされていますが、ヒト由来のものと比べると効果は劣ります。

植物由来の幹細胞化粧品
植物は、どの部分の細胞も幹細胞なのです。そのため、とても簡単に幹細胞培養液を抽出することができるため、たくさんの植物由来の幹細胞コスメが販売されています。腐らないリンゴから抽出したもの、モロッコの砂漠に生えるアルガンツリーから抽出したもの、高麗ニンジンの最高級品ヤマニンジンから抽出したエキス、バラから抽出したエキスなど、各メーカーが競って抗酸化カの強い植物の幹細胞培養液を開発して、製品を発売しています。しかしながら、植物の細胞とヒトの細胞は、似ても似つかない細胞同士なので、植物由来の成分がヒトの幹細胞働きかけて元気にさせることは期待できません。従来のスキンケア製品に植物エキス配合のものが多かったため、またアロマテラピーやフィトセラピーなどの普及によって、植物の成分は肌にやさしく、美肌効果が高いというイメージがあります。動物由来のプラセンタも、プラセンタ注射が普及している影響もあり、若返りには絶大な効果を発揮するというイメージが強いです。どちらも幹細胞を使った化粧品ではありますが、人間の皮膚の細胞とは全く異なる性質のものであることも事実です。植物から抽出された成分や羊などの動物由来の幹細胞エキスは、ヒト由来の幹細胞エキスに比べて、人間の皮膚の細胞や幹細胞に働きかける効果は確実に劣っています。やはりヒトにはヒトの幹細胞エキスを用いるのが最も効果的なのです。若返り効果が高く、アレルギーや拒絶反応の起こりにくいものを選ぶのであれば、ヒト由来の幹細胞コスメだと覚えておきましょう。