記事一覧

細胞から若返るのが究極のアンチエイジング

このように実際に病気の治療にも応用が期待される幹細胞培養液ですが、肌の若返りにも大いに期待が寄せられ、実際にヒト幹細胞培養液を使ったスキンケア製品が発売されています。つまり最先端の医学や生命科学の成果を使って、細胞美人になる方法が実現したのです。素晴らしいことです。そして今までの角層に美肌成分を浸透させて肌老化を修復することしかできなかったスキンケアの常識がガラリと進化して、細胞から若返るという根本からのアンチエイジングが実現できるようになったのです。スキンケア用に開発されたヒト幹細胞培養液は、そのほとんどが脂肪組織から抽出された幹細胞を使ってつくったもので正式な名称は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」です。

この中に、皮膚の幹細胞を元気にするパワーの源がたくさん入っているのです。いったいこのヒト脂肪細胞順化培養液エキスにはどんな若返りのパワーが含まれているのでしょうか。スキンケア用に開発された幹細胞培養液である「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」の中には、成長(増殖)因子や酵素、SOD(抗酸化酵素:細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素)、コラーゲンやヒアルロン酸など、細胞外マトリックス成分が豊富に含まれています。肌の中で発生した活性酸素を除去する働きを高めます。成長(増殖)因子とは、簡単に言うと、細胞から細胞に情報やサインを送るタンパク質です。

たとえば肌の真皮にあるコラーゲンが不足していることを察知した幹細胞は、「幹細胞を増やせ」と「コラーゲンを増やせ」というサインを出す成長(増殖)因子を分泌します。そのサインを受け取った別の細胞の表面に成長(増殖)因子がくっついて、コラーゲンの設計図になる遺伝子を細胞の核の中から取り出すためのカギ穴(レセプター)を見つけて、成長(増殖)因子がカギ(リガンド)になって、細胞のドアを開け、遺伝子情報を取り出して、タンパク質を結合させながら、新しいコラーゲンを再生し、また別の細胞にサインを伝達するための成長(増殖)因子や、活性酸素を中和するSOD(抗酸化酵素)も一緒につくられます。